ブログ

Blog

2022/05/04

寝起きの腰痛について

こんにちは!
トリケラトプス整体院三島の幸野です。
ゴールデンウイークいかがお過ごしでしょうか?
私は日中は仕事をして、夕方~夜は専門学校時代の同期の先生たちと会食をしたり楽しい日々を過ごしております。

最近、腰痛のお客様のお問い合わせが増えております。
特に寝て起きた朝方の腰痛でお困りのことが多く、原因は??と考えさせられます。

寝起きの腰痛の場合、私が考える事は以下の点です。
●寝てる時の姿勢(仰向けなのか横向きなのか)
●寝返りは打てているのか?
●股関節の硬さはないか?

まず寝ている時の体勢ですが仰向けの場合、腰が反りやすい姿勢となるので、反り腰傾向の方はあまりお勧めしません。寝ている間にさらに腰が反り、腰の関節を圧迫し起き上がりの際に痛みを感じる事があります。
仰向けでしか寝れないという方の場合、膝下に少しだけクッションやバスタオルなどを挟むことにより腰の反りを軽減することが出来ますので試してみてくださいね!

2点目は寝返りです。
そもそも寝返りが無いと寝ている間の筋肉の動きが無くなる為、血流不良を起こしやすくなります。
血液供給が悪くなることによって筋肉が酸欠を起こし神経が興奮➡痛みとして認知されます。
寝返りが打てるほど布団、ベッドに余裕があるか再度確認してみましょう。

3つ目は股関節の硬さです。
股関節には足へと血液をおくる大腿動脈や足から心臓の方へ血液を戻す大腿静脈、リンパ管、神経などが通過してきます。
これは私の現場での経験則ですが、寝起きの腰痛を訴える方ほど、股関節の柔軟性が不足しており、前ももの筋肉がパツパツに張っています。
この筋肉を緩めることにより、朝の腰痛が軽減した!というかたは少なくなく、股関節から腰への血流と関係があるのではないか?と考えております。
ですので、前ももや股関節のストレッチを寝る前にやってみると良いかもしれません。

今回は朝の腰痛についてのブログでした。

トリケラトプス整体院三島は、坐骨神経痛、産後骨盤矯正、基礎代謝アップのダイエットをはじめとしたメニューから、オスグッド病などのスポーツ障害まで幅広く対応しております。
マンツーマンでの空間で施術するので他のお客様の目を気にする事はありません。

お身体のコトで疑問、お悩みがございましたら、是非トリケラトプス整体院三島へお問い合わせください!

寝起きの腰痛について
寝起きの腰痛について